群馬で介護施設を探すならぐんまシニアホーム紹介センター

ぐんまシニアホーム紹介センター

0800-300-6541

ーお気軽にお問合せくださいー

【受付時間】9:00~18:00

ブログ

高額介護(予防)サービス費の見直しが行われます【介護保険最新情報Vol.590】
お役立ち情報 2017年5月25日

高額介護(予防)サービス費とは、介護保険を利用し、介護サービスの利用料(自己負担)の合計額が、同じ月に一定の上限を超えたとき、申請をすると払い戻される制度です。

※個人の所得や世帯の所得に対して上限が異なります。

※下記リストは対象外です。

・老人ホームなどの食費、居住費(滞在費)、日常生活費など、保険対象とならない費用

・福祉用具購入費、住宅改修費の利用者負担分

・要介護度の支給限度額を超えて利用したサービスの費用

 

 

 

 

この高額介護(予防)サービス費は、平成29 年8月1日から見直しが決定しています。

厚生労働省は、この「高額介護サービス費の見直し」を周知するとともに、その詳細なルールをアナウンスするために、介護保険最新情報vol.590を発出しました。

 

介護保険最新情報vol.590

 

主な見直し点は、

世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方の負担の上限が 37,200 円(月額)から 44,400 円(月額)に引き上げられます。ただし、3年間の時限措置として、同じ世帯の全ての 65 歳以上の方(サービスを利用していない方を含む)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間 446,400 円(37,200 円×12 ヶ月)の上限が設けられています。

 

年間の基準日は、毎年の7月31日とし、前年の8月1日から基準日までを、年間の上限額を計算する期間します。

 

時限措置として新設された年間上限額は、実際に要介護認定を受けてサービスを利用しているか否かにかかわらず、介護保険自己負担が2割負担となる所得の高齢者がいる世帯は対象外です。

 

高額介護サービス費の見直しに関するリーフレット

 

一覧へ