群馬で介護施設を探すならぐんまシニアホーム紹介センター

ぐんまシニアホーム紹介センター

0800-300-6541

ーお気軽にお問合せくださいー

【受付時間】9:00~18:00

ブログ

高齢者の熱中症の予防と対策
お役立ち情報 2017年5月30日

熱中症とは

私達の身体は、体温が上がると皮膚から熱を放出したり、発汗することで体温を正常に保っています。しかし、気温の高い状態が続くと発汗により体内の水分や塩分が失われ、また湿度が高いと、汗が蒸発せず、熱がこもったままの状態になった結果、体の中の熱が放出されなくなり体温調節が出来なくなってしまいます。この状態が熱中症です。症状は、めまいや失神(立ちくらみの状態)、筋肉のひきつれ(こむら返り)、頭痛などが起こったり、重症の場合、異常な高体温のため多臓器不全となり、危篤状態に陥ることもあります。

 

 

 

 

高齢者の方は温度に対する感覚が弱くなる場合があります。室内にいても熱中症になりやすいといわれています。 ご本人および周囲の方は、下記の点に注意して熱中症の予防・対策をおこないましょう。

 

高齢者の熱中症の予防と対策

 

1.気温や湿度を測りましょう

高齢者の方は体温の調節機能が低下しているため、暑さを自覚しにくくなり、熱を逃がすための身体の反応や暑さ対策の行動が遅れがちです。気温・湿度計などを利用し、まわりの環境を知るようにしましょう。

 

2.室内を涼しくしましょう
日差しの入らない室内でも、高温多湿・無風の環境では熱中症になる危険があります。冷房や除湿機・扇風機などを利用し、涼しく風通しの良い環境にして過ごしましょう。

 
3.水分を計画的に摂りましょう
高齢者の方は、体内水分量の減少によって脱水状態になりやすく、脱水を察知しにくいため、水分補給が遅れてしまいます。のどが渇くなど症状が出る前に、定期的な水分補給をするようにしましょう。キュウリやナスなど、水分を多く含む食材を食事に取り入れるなどの工夫もよいでしょう。

 
4.お風呂や寝る時も注意しましょう
入浴や就寝中にも体の水分は失われていきます。気付かないうちに熱中症にかかることがあります。入浴前後は十分な水分補給をし、就寝前の水分補給や、枕元に飲み物を置くようにしましょう。

 
5.外出時は身体にに十分配慮しましょう
外出時は、身体を動かすことで汗で水分が失われたり、日差しや熱の影響を受けやすくなります。服装を工夫し、水分補給や休憩を十分とって身体を守りましょう。

 
6.周りの人が気にかけましょう
高齢者の方は自分では、暑さやのどの渇きに気づきにくい場合があります。また、体調の変化も我慢をしてしまうことがあります。周りの人が体調をこまめに気にかけ、予防対策を心がけましょう。

 

 

 

 

一覧へ